Difference between revisions of "JapaneseWorkOffLine"

From TED Translators Wiki
Jump to: navigation, search
Line 49: Line 49:
 
* スプレッドシートの コラムE のデータがアップロードされます
 
* スプレッドシートの コラムE のデータがアップロードされます
 
* セル内で改行をしていて一行目が空白の場合、そのセルのデータはアップロードされません
 
* セル内で改行をしていて一行目が空白の場合、そのセルのデータはアップロードされません
 +
<!--
 
* パラグラフのマークについて
 
* パラグラフのマークについて
 
:: [[File:paragraphbreaks.png|thumb|alt=Image shows the paragraph break buttons in the Amara interface.|The paragraph-break button appears when hovering over a subtitle]] TEDTalk をオフラインで翻訳した場合には、[[How_to_subtitle_offline#Add_the_missing_paragraph_breaks_when_working_on_TEDTalks | パラグラフマーク]] が適切に付与されていることを確認してください。ted.com のインタラクティブなトランスクリプト表示で、テキストをパラグラフごとに表示するためです。TEDxTalk, TED-Ed ビデオなど YouTube の映像に対しては、パラグラフマークは不要です。
 
:: [[File:paragraphbreaks.png|thumb|alt=Image shows the paragraph break buttons in the Amara interface.|The paragraph-break button appears when hovering over a subtitle]] TEDTalk をオフラインで翻訳した場合には、[[How_to_subtitle_offline#Add_the_missing_paragraph_breaks_when_working_on_TEDTalks | パラグラフマーク]] が適切に付与されていることを確認してください。ted.com のインタラクティブなトランスクリプト表示で、テキストをパラグラフごとに表示するためです。TEDxTalk, TED-Ed ビデオなど YouTube の映像に対しては、パラグラフマークは不要です。
 
:: 2016年7月25日以降に作成したスプレッドシートであれば、コラム D にパラグラフマークの情報が保持されており、自動的にデータが反映されます。
 
:: 2016年7月25日以降に作成したスプレッドシートであれば、コラム D にパラグラフマークの情報が保持されており、自動的にデータが反映されます。
 +
-->
  
=== スプレッドシートから直接データをアップロードする方法 ===
+
=== スプレッドシートから直接データをアップロードする方法 (方法1)===
 
* タスクを自分で持っていれば、スプレッドシートから直接データをアップロードできます。
 
* タスクを自分で持っていれば、スプレッドシートから直接データをアップロードできます。
 
* スプレッドシートの画面内のメニューから、[Amara] [Upload to Amara] を選びます。[[File:AmaraUpload_J.jpg|thumb|alt=[Amara][Upload to Amara]|Menu in translation spreadsheet]]
 
* スプレッドシートの画面内のメニューから、[Amara] [Upload to Amara] を選びます。[[File:AmaraUpload_J.jpg|thumb|alt=[Amara][Upload to Amara]|Menu in translation spreadsheet]]
 
* TEDTalk の場合には、スピーカー名が空欄になってしまいます。Amara のエディターを開いて、鉛筆アイコンをクリック、スピーカー名を追加し、Done ボタンを押して修正を反映してください。
 
* TEDTalk の場合には、スピーカー名が空欄になってしまいます。Amara のエディターを開いて、鉛筆アイコンをクリック、スピーカー名を追加し、Done ボタンを押して修正を反映してください。
 
:: [[https://docs.google.com/document/d/1yQWruRVTzuRtPjio-nHIBHhSkw1Sxnzvos2dDVldhuE/pub | スプレッドシート使用方法]] 最初だけ必要な操作/Profile の設定 ここに記載のProfile の設定が済んでいる必要があります。
 
:: [[https://docs.google.com/document/d/1yQWruRVTzuRtPjio-nHIBHhSkw1Sxnzvos2dDVldhuE/pub | スプレッドシート使用方法]] 最初だけ必要な操作/Profile の設定 ここに記載のProfile の設定が済んでいる必要があります。
=== srt ファイルをアップロードする方法 ===
+
=== srt ファイルをアップロードする方法 (方法2)===
===== スプレッドシートから.srtファイルを作る方法 =====
+
===== スプレッドシートから.srtファイルを作る方法 (方法 2a)=====
 
* シートのメニューバーにある Export(.srt) というのをクリックする。
 
* シートのメニューバーにある Export(.srt) というのをクリックする。
 
: 初回だけ、メッセージが出てくるのでOKにして
 
: 初回だけ、メッセージが出てくるのでOKにして
Line 68: Line 70:
 
: ここで自分のコンピューターに <入力したファイル名>.srt がダウンロードされる。どこに入ったか確認しておくと 次のステップがスムーズ。
 
: ここで自分のコンピューターに <入力したファイル名>.srt がダウンロードされる。どこに入ったか確認しておくと 次のステップがスムーズ。
  
===== スプレッドシートから.srtファイルを作る別の方法 =====
+
===== スプレッドシートから.srtファイルを作る別の方法 (方法 2b)=====
 
* スプレッドシートの Out タブを使う
 
* スプレッドシートの Out タブを使う
 
: Out タブを開き、srt 形式のデータの詰まったセルをコピー (A1。 A1 と B1 と二つのセルを選んでも良い。) 
 
: Out タブを開き、srt 形式のデータの詰まったセルをコピー (A1。 A1 と B1 と二つのセルを選んでも良い。) 
Line 75: Line 77:
 
: UTF-8 エンコーディングで、ファイル名の最後を  .srt にして保存
 
: UTF-8 エンコーディングで、ファイル名の最後を  .srt にして保存
  
===== Amara へのアップロード =====
+
===== Amara へのアップロード (方法 2の後半)=====
 
: Amara のエディターの中でレンチのアイコンをクリックして(Tools menu)、Upload Subtitles を選びます。 [[File:WrenchIcon.jpg|thumb|alt=The wrench Icon in the Amara editor|Below the video window]]
 
: Amara のエディターの中でレンチのアイコンをクリックして(Tools menu)、Upload Subtitles を選びます。 [[File:WrenchIcon.jpg|thumb|alt=The wrench Icon in the Amara editor|Below the video window]]
 
: Choose file ボタンを押して、アップロードしたいファイルを選び、Upload ボタンを押してアップロードを開始します。
 
: Choose file ボタンを押して、アップロードしたいファイルを選び、Upload ボタンを押してアップロードを開始します。

Revision as of 03:00, 6 August 2016

オフライン 作業のツール

オフラインで字幕翻訳を進めるいくつかの方法があります。

字幕データだけを使う

Google spreadsheet を使って、対訳する。
主にSRT ファイルから字幕を取り込むテンプレート
https://sites.google.com/site/editsrt/home/translation (説明つき)
主にAmara から字幕を取り込むテンプレート
https://drive.google.com/previewtemplate?id=0Au7hVbYAwiU2dFRVcEhBcHJzZ1VjWjBYZ0I2M240MWc&mode=public (説明: https://docs.google.com/document/d/1yQWruRVTzuRtPjio-nHIBHhSkw1Sxnzvos2dDVldhuE/pub)

字幕データとビデオのファイルをダウンロードして作業する

編集する場合

Windows, Mac ともにTED OTP がSutitleEdit, Aegisub を推奨するものではありません。
Windows
アプリケーション subtitle edit をインストールする
https://github.com/SubtitleEdit/subtitleedit/releases
Mac
アプリケーション Aegisub をインストールする
http://www.aegisub.org/

字幕の確認のみの場合

Meridian Media Player (Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.iii.romulus.meridian&hl=en
映像のファイル名と字幕の srt ファイル名を同じにすると、字幕付きの映像になります。
( ted_video.mp4 に対して、字幕のファイルを srt_video.mp4 とする。)
VLC Media Player (Windows, Mac)
Preference - Subtitles/OSD で utf-8 で日本語を表示できるフォントを選んでおく
Image shows the preference window in VLC Media Player windows
Select a Japanese font for Font

字幕やビデオをダウンロードする方法

Amara からデータとビデオをダウンロードするために、ビデオのページに行きます。 以下の方法のいずれかで、目的のビデオの字幕を見つけます。翻訳前の場合には、英語のデータしかありません。

・ 自分のタスクのページから、 latest draft をクリックする。
http://www.amara.org/ja/videos/x12x/ja (x12x はビデオ固有の 12 桁のビデオ ID) というページを開く
http://www.amara.org/ja/teams/ted/videos/ から検索する

字幕データ

video のページから srt ファイルをダウンロードします。

ビデオ

Ted Talk
ビデオのページで、一旦動画を再生して止めます。右クリックで名前を付けて動画を保存 (Save video as) というメニュー項目が選べます。
TEDxTalk, TED-Ed
YouTube のビデオを mp4 のファイルとしてダウンロードするソフトウェアを使います。(Chrome ブラウザではその機能は使えません。) ビデオを右クリックすると、Get Video URL というメニューが選べるので、ここで表示される URL をコピーして、YouTube でこのビデオを開きます。
例えば Firefox なら、Download YouTube Videos as MP4 という機能拡張を追加することで、ファイルをダウンロードできるようになります。
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/download-youtube/

字幕のデータをアップロードする方法

  • スプレッドシートの コラムE のデータがアップロードされます
  • セル内で改行をしていて一行目が空白の場合、そのセルのデータはアップロードされません

スプレッドシートから直接データをアップロードする方法 (方法1)

  • タスクを自分で持っていれば、スプレッドシートから直接データをアップロードできます。
  • スプレッドシートの画面内のメニューから、[Amara] [Upload to Amara] を選びます。
    [Amara][Upload to Amara]
    Menu in translation spreadsheet
  • TEDTalk の場合には、スピーカー名が空欄になってしまいます。Amara のエディターを開いて、鉛筆アイコンをクリック、スピーカー名を追加し、Done ボタンを押して修正を反映してください。
[| スプレッドシート使用方法] 最初だけ必要な操作/Profile の設定 ここに記載のProfile の設定が済んでいる必要があります。

srt ファイルをアップロードする方法 (方法2)

スプレッドシートから.srtファイルを作る方法 (方法 2a)
  • シートのメニューバーにある Export(.srt) というのをクリックする。
初回だけ、メッセージが出てくるのでOKにして
その後 もう一度 Export(.srt)をクリック(二回目からはメッセージは出てこない)。
  • 指示に従い、適当にファイル名を入力すると、自分のGoogle Driveに <入力したファイル名>.srt が作成される。
Google Driveでこのファイルの横の四角をクリックし、上にある [More ▼] のボタンを押すとプルダウンメニューが出るのでダウンロードを選ぶ。
ここで自分のコンピューターに <入力したファイル名>.srt がダウンロードされる。どこに入ったか確認しておくと 次のステップがスムーズ。
スプレッドシートから.srtファイルを作る別の方法 (方法 2b)
  • スプレッドシートの Out タブを使う
Out タブを開き、srt 形式のデータの詰まったセルをコピー (A1。 A1 と B1 と二つのセルを選んでも良い。) 

(ダブルクリックはしない。Esc キーで、ダブルクリック前の状態に戻る)

ローカルのエディタにデータをペーストし、先頭と最後の " (ダブル クォーテーション) を削除
UTF-8 エンコーディングで、ファイル名の最後を .srt にして保存
Amara へのアップロード (方法 2の後半)
Amara のエディターの中でレンチのアイコンをクリックして(Tools menu)、Upload Subtitles を選びます。
The wrench Icon in the Amara editor
Below the video window
Choose file ボタンを押して、アップロードしたいファイルを選び、Upload ボタンを押してアップロードを開始します。
セーブしていない編集内容は(タイトル、説明文など)失われます。

OTPedia 内の他の日本語ページ