TEDxとTED翻訳

From TED Translators Wiki
(Redirected from JapaneseTEDxSubtitle)
Jump to: navigation, search

TEDx Talk の字幕作成

TED Translators (TED翻訳)の仕組みに沿って、TEDxTalk の字幕作成が行われています。

このページでは、TED.com の TEDx_translations をベースに作業の流れを説明しています。(念のため、リンク先で最新の情報もご確認ください)

TEDxTalk の翻訳作業の流れ
  1. TEDxTalk を YouTube にアップロードします。 (TEDx オーガナイザーが行います)
  2. YouTube の映像を、翻訳・文字起こしのシステムである Amara に取り込みます。 (TED の担当者が作業します) YouTube にアップロードずみの特定の TEDxTalk を Amara に取り込んでもらうために、“Add a TEDx talk to Amara” という 申請フォーム を利用します。TEDx オーガナイザー、ボランティアにかかわらず誰でも申請できます。
  3. まず、Transcribe (文字起こし)をします。
    • 文字起こし、レビュー(校正)、承認という 3つのステップを経て、Transcribe 完了となり、翻訳作業が可能になります。
    • 文字起こしから始める理由 (TEDx_translations ページから転記)
      • 聴覚障害をお持ちの方のアクセシビリティ
      • 文字起こしのつけられたビデオは、インターネット検索における順位が上昇します。字幕付きの映像の方が、視聴者の視聴時間が長くなる傾向があります。
      • 講演の文字情報があることで、後で取り扱いが容易になります。例えば引用が簡単になります。
      • TED のプラットフォームを介して、コンテンツがより幅広い視聴者に届きます。
    • Amara のタスクリストから翻訳/レビューするトークを選びましょう。 トランスクライブのステップと校正のステップを始めるときには Amara でトークを選んで [Perform Task] - [Start now] をクリックしてから行ってください。これにより、ご自分のタスクとして確保して作業を開始できます。
      • トランスクライブ待ちの日本語トークのリスト http://www.amara.org/ja/teams/ted/tasks/?project=tedxtalks&lang=ja&type=Subtitle
      • トランスクライブと校正は、Amara で自分の言語として登録している言語のビデオについて作業できます。
      • 承認は、講演が行われた言語を担当する ランゲージ・コーディネーターが行います。
    • 日本語字幕では読点のかわりに半角スペース1つ、句点のかわりに半角スペース2つを使うのが一般的です。これに合わせてください。
    • 文字起こしのガイドラインを見てください。
    • 日本語翻訳のスタイルガイドもご覧ください。
  4. 文字起こしのレビューをします。
  5. 文字起こしの承認をします (講演が行われた言語を担当するランゲージ・コーディネータが行います)
  6. 翻訳します。 日本語への翻訳 について説明している内容は、外国語への翻訳にも関連しますのでご覧ください。
  7. 翻訳をレビューします。 (Amara にその言語で登録している方。レビューは「90分以上の翻訳・トランスクリプトを経験してから、担当してください」という記載もありますが、今のところ、この規定については柔軟に見ています。例えば、TEDx オーガナイザーを中心としたチームで活動する場合、実務上問題ない場合など)
  8. 文字起こしの承認をします (翻訳先の言語を担当するランゲージ・コーディネータが行います。承認待ちが長くなってしまっている場合、日本語のランゲージ・コーディネータから英語のランゲージ・コーディネータに照会することはできますのでご相談ください)

このようにして翻訳版(実質的にまず英語版)が完成すれば、あとは TED Translators プログラムの仕組みに乗って、多言語の翻訳が進んで行きます。


TEDxトークのTED.com掲載について

TEDxトークの中から選ばれたビデオが、TEDx videoとして TED.com に掲載されることがあります。 稀に、さらに「TEDトーク」扱いになって、同じサイトのTEDカテゴリに追加されるケースがあります。 この場合、同じスピーチが、TEDx YouTube チャンネルに1本、TED.com にそれぞれTEDトークとして1本、TEDxトークとして1本ずつビデオが存在します。

TEDxトークを元にしたTEDトーク翻訳タスクについて

画面表示例
イベント名看板例
TEDカンファレンスとは独立して開催されるTEDxイベントからのTEDxトークが、TEDトーク扱いでTED.comに掲載された場合、同じスピーチに対し、TEDxトークとしての字幕翻訳タスク、そしてTEDトークとしての字幕翻訳タスクの両方が存在するケースが多いです。TEDx出身のTEDトークタスクを取ったら、念のために原語のタスクをスピーカー名で検索することで、双子の片割れのタスクがAmaraに存在するかどうかを調べることができます。
元は同じスピーチ、中身もほぼ同じなので、両方とも同じ翻訳者が担当することが推奨されます。もう片方のタスクを他の人が一から翻訳しないで済みますし、1つのトークでクレジットが2つ取得できます。ただし、担当者が気づかないことや余裕がないこともあり、必須ではありません。

違い:

  • 文字起こし担当者:TEDxトーク版はボランティア、TEDトーク版はTED編集部。
  • 動画内容:元の映像素材の編集の仕方が異なり、発言の順番が入れ替わることも。
  • タイトル・紹介文:TEDx版はイベントで使われたものがそのまま使われることがほとんどです。TED版はTED編集部が独自のタイトルと紹介文をつけることが多いです。

ヒント:

  • TEDトーク翻訳タスクのステージにTEDxイベント名の看板があったり、RECORDED at TEDxイベント名などの情報が画面に見えたら、タスクがもう1つ存在する可能性があると考えてください。
  • 2つタスクが見つかった場合、可能なら両方保持しておいてください。先にレビューが進んで公開された字幕の内容を元にもう片方の字幕を調整します。
  • TEDx版を待たずにTED版翻訳タスクができた場合、Amaraにある翻訳タスクはTED版のみ、ということもあります。文字起こし中であれば、原語字幕の公開を待ってから翻訳タスクを取得します。文字起こしもされていない(TEDx版タスクが見つからない)場合は、放っておいても結構ですが、ただし将来文字起こしがされて別の人が翻訳タスクを取る可能性がありますので、両方とも担当したい方は今のうちに文字起こしをする・してもらうなどして翻訳に進めてください。


TED Translators Wiki 内の他の日本語ページ

OTPedia 内の他の日本語ページ