スプレッドシートを利用したやり取り

From TED Translators Wiki
Jump to: navigation, search

スプレッドシートの作り方

翻訳元と翻訳先の字幕を対比して考えるために Google スプレッドシートを使う方法があります。スプレッドシートのテンプレートへのリンクから [Use this template] を選んで、新しいスプレッドシートを作成してください。スプレッドシートの作り方について順を追った詳細な説明もあります。

スプレッドシートの見方

GoogleSpreadSheet
G列 から J列には字幕の長さや表示速度についての情報が自動的に計算されて表示されます
該当行の字幕(F列)についての
 G列:字幕の表示時間(秒)
 H列:字幕(=F列)の文字数(字)
 I列:1秒当たりの文字数(字/秒)
 J列:1行の文字数(大きい方)
をあらわす。
TED日本語字幕ガイドラインでは、1秒あたりの文字数(=I列)は10字まで、1行の文字数(J列)は21字までと決まっているので、上限に近づくと色付けされます。






スプレッドシートの使い方の例

厳密なルールではありません。 変更点を見逃さなければよいので、適宜修正しながら、相談して翻訳を進めてください。

1. コラム F には、いつも最新版を残します。
スプレッドシートの機能によって、アップロード可能なファイルを生成することができます。
タイトル、説明文、講演者名は、別途の手作業のコピーペーストで反映させます。
2. どちらか一方が作業します。
まず、編集前のコピーを、コラム L 以降に並べて行きます。バージョンごとに、一列ずつ並べていきます。何を変えたかを後から見たときに分かりやすくするためです。
3. コラム F のセルに色をつけて、どこに未決事項が残っているかをわかりやすくします。
まず、自分の色を決めておきます。
コラム F の中身を編集した時には、コラム F を自分の色で塗ります。
すでに何か色が塗ってあっても、自分の色に塗り替えます。
コラム K のコメントは、同じセルにコメントの返答も続けて入力していきます。Alt + Enter (Win) ないし Option + return (Mac) で改行できます。
相手に確認してほしいコメントの場合には、コメントを入力したコラム K を自分の色に塗り替えます。
4. ひととおり編集、コメントを作り終えたら、もうひとりの方の作業に移ります。2), 3) を同じように行います。
やりとりしていって相手の提案に同意するときには、対応するコラム F, コラム K を灰色で塗ります。
コラム F が全部、白いままか灰色となれば、レビューは収束するわけです。
5. 字幕付きビデオを視聴して字幕を確認
[amara]-[Watch video with 1 sub] (翻訳字幕つきでビデオを見る)あるいは [amara]-[Watch video with 2 sub] (翻訳元と翻訳字幕を並べてビデオを見る)という機能は、Amara のタスクを移動しなくても、字幕付きのビデオとして字幕を確認できるので、おすすめです。

(旧版のスプレッドシートの場合には、日本語訳がコラム E 、コメント欄がコラム I ないし コラム J となっているものもあります。その場合は、コラム名を読み替えて作業してください。)

スプレッドシートのデータを Amara へ送る

Amara でタスクを保持している人は、スプレッドシートからデータをAmara にアップロードすることができます。
  • ファイルをアップロードしたら、タイミングのデータまで、字幕データになってしまう場合
.srt ファイルが、 .srt.txt という テキストファイルになっている可能性があります。OS (エクスプローラあるいは Finder)が 拡張子を表示しない設定になっていると、こうなるケースがあるようです。拡張子を表示する設定にしましょう。

OTPedia 内の他の日本語ページ