Difference between revisions of "スプレッドシートを利用したやり取り(3人の場合)"

From TED Translators Wiki
Jump to: navigation, search
 
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
 
=== スプレッドシートの作成 ===
 
=== スプレッドシートの作成 ===
 
: {{Template:JapaneseSpreadSheet}}
 
: {{Template:JapaneseSpreadSheet}}
 +
 +
=== スプレッドシートの見方 ===
 +
: {{Template:JapaneseSpreadSheetColumns}}
 +
 +
 +
 +
 +
 +
 +
 +
 +
 +
  
  
Line 38: Line 51:
 
: ルール A) から C) を適用しながら、マークして内容を検討していくと、詳細なレビューが完成したときには、コラム F は、白いセル(まったく修正していない)と薄めの灰色のセル(修正に他の2名が同意した) とだけになるはずです。
 
: ルール A) から C) を適用しながら、マークして内容を検討していくと、詳細なレビューが完成したときには、コラム F は、白いセル(まったく修正していない)と薄めの灰色のセル(修正に他の2名が同意した) とだけになるはずです。
  
 +
=== 字幕付きビデオを視聴して字幕を確認 ===
 +
: [amara]-[Watch video with 1 sub] (翻訳字幕つきでビデオを見る)あるいは [amara]-[Watch video with 2 sub] (翻訳元と翻訳字幕を並べてビデオを見る)という機能は、Amara のタスクを移動しなくても、字幕付きのビデオとして字幕を確認できるので、おすすめです。
  
 
=== スプレッドシートのデータを Amara へ送る ===
 
=== スプレッドシートのデータを Amara へ送る ===

Latest revision as of 23:01, 24 June 2017

スプレッドシートの作成

翻訳元と翻訳先の字幕を対比して考えるために Google スプレッドシートを使う方法があります。スプレッドシートのテンプレートへのリンクから [Use this template] を選んで、新しいスプレッドシートを作成してください。スプレッドシートの作り方について順を追った詳細な説明もあります。

スプレッドシートの見方

GoogleSpreadSheet
G列 から J列には字幕の長さや表示速度についての情報が自動的に計算されて表示されます
該当行の字幕(F列)についての
 G列:字幕の表示時間(秒)
 H列:字幕(=F列)の文字数(字)
 I列:1秒当たりの文字数(字/秒)
 J列:1行の文字数(大きい方)
をあらわす。
TED日本語字幕ガイドラインでは、1秒あたりの文字数(=I列)は10字まで、1行の文字数(J列)は21字までと決まっているので、上限に近づくと色付けされます。







3人でスプレッドシートを共有してレビューする

スプレッドシート上でのやりとりのゴール
最終的な字幕データが、コラムFに並んでいる状態です。
コラム F のセルやコラム K のコメントに色をつけて、どこに未決の問題が残っているかをわかりやすくします。
まず、3人とも「自分の色」を決めます。
以下のルール A) から C) を適用して、マークしながら内容を検討していきます。

A) 新たに修正する、追加の修正をする、新たにコメント

コラム F の中身を編集した時には、コラム F のセルを自分の色で塗ります。
すでに何か色が塗ってあっても、自分の色に塗り替えます。
コラム K に新たにコメントを加えた時は、セルを自分の色で塗ります。塗らなくても分かるとき、他の人のコメントに追記したときには、マーキングは省略可。内容を確認してほしいときには、塗り替えましょう。
コラム K のコメントは、同じセルにコメントの返答も続けて行きます。Alt + Enter (Win) ないし Option + return (Mac) で改行できます。
文字を選んでボールド指定 (Ctrl+B) することで、変更箇所や注目してほしい箇所を示すことができます。
全体を大幅に編集した場合には、自分の作業が終了した時点で、コラム F の内容を、コラム K の次に新しいコラムを作ってここにコピーしておくと、経過を追いやすいかもしれません。
[insert]-[column left] とスプレッドシート内のメニューを開く。
(自分の編集作業の最後には、必ずコピーした方が良い、という考え方もあります。)

B) 他の人が修正したコラム F に同意する場合

自分が同意するひとり目の場合
コラム F のセルは、「他の人の色」で塗られています。
同意するセルを濃いめの灰色で塗ります。(字が読みやすい程度の控えめの濃さ [darkgray 1 あたり] がおすすめです)
追加の意見がある場合は A)のルールで、自分の色で塗り直します。
自分が同意するふたり目の場合
コラム F のセルは、濃いめの灰色で塗られています。
同意するセルを薄めの灰色で塗り換えます。
追加の意見がある場合はA)のルールで、自分の色で塗り直します。

C) 何か提案したけれど、議論の結果取り下げる場合

コラム F の内容のコピーを作る、などして、経過が分かるようにした上で、コラム F は元の内容に戻して、白色に戻します


作業の結果
ルール A) から C) を適用しながら、マークして内容を検討していくと、詳細なレビューが完成したときには、コラム F は、白いセル(まったく修正していない)と薄めの灰色のセル(修正に他の2名が同意した) とだけになるはずです。

字幕付きビデオを視聴して字幕を確認

[amara]-[Watch video with 1 sub] (翻訳字幕つきでビデオを見る)あるいは [amara]-[Watch video with 2 sub] (翻訳元と翻訳字幕を並べてビデオを見る)という機能は、Amara のタスクを移動しなくても、字幕付きのビデオとして字幕を確認できるので、おすすめです。

スプレッドシートのデータを Amara へ送る

Amara でタスクを保持している人は、スプレッドシートからデータをAmara にアップロードすることができます。


OTPedia 内の他の日本語ページ